最近、中小企業でも「AIによる在庫管理を構築したい」とか「AIによる会場の座席管理をしたい」・・・などなどの案件を目にしましたが、何かおかしい。

まず、「なんかAIにしたら今より良くなりそう」というニーズをハッキリしないで気持ちだけで、現実なのは、コストが全てのような数百万という案件が多いように思える。 大量データによる傾向学習1つ取っても、それなりのハードウエアリソースを準備し、その信頼性設計や性能設計もして・・・となると数百万くらいすぐに超える。 また、その大量データを解析し、AIの知識としていくにしても、初期のリソース投資は結構かかると考えられる。 分散環境なども利用してとなると全てのコストで数百万は、ますます難しいと思える。 「AIによる・・・」って、それってAIなのか???

例えば少し前に多くのデータをデシジョンテーブルを使い最良の選択や判断をして在庫管理の適切な発注点などを見極め、品切れが無くタイムリーに提供できる在庫管理システムを開発したことがあるが、環境データや傾向データが多くなればなるほど正確になってくる。 これも今のAI? 何でもAIの頭文字をつけると目新しく感じ、そんなものを求める顧客がいるとすれば、考えを変えるべきと思う。 そうでないと流行のIT用語で動くソフトベンダーの言いなりになり、AIベースで作った気になる顧客となってしまう。「どんなことをしたい」、「何を期待するのか」などを顧客としてしっかり持ち、その上でそれを実現する解としてAIでないといけないと思う。 少しの知識で知った気になり「わが社はAIをいれている・・・」などと思わないほうが良い。 普遍的に重要な顧客のニーズやシーズをしっかり引き出せるエンジニアがいるソフトウエア開発業者を選ぶほうに集中したほうが良いと思う。

仮にAIが解としたら、海外製のAIフレームワークの知識があり、その中でもオープンソースのAIフレームワークを良く知っているソフトウエア開発業者を選び、コストを抑えられ効果を期待できるまで付き合えることを前提としてAIに取り組むべきと思う。 今のAI人気もAIに取り組み地道な努力をしているソフト開発会社などが埋もれて、AIという言葉がIT業界で何年か毎に出るトレンドキーワードにならないようにと思うばかりである。